大工の鉄則

httrna.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 02日

ロドリゴ・パラシオ

ロドリゴ・セバスティアン・パラシオ(Rodrigo Sebastián PALACIO, 1982年2月5日 - )はアルゼンチン・ブエノスアイレス州バイアブランカ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。セリエA・ジェノア所属。経歴クラブ4部リーグに所属していたウラカン・デ・トレス・アローショスでキャリアをスタートさせる。2003年にCAバンフィエルドへと移籍し、プリメーラ・ディビシオンでのデビューを果たした。2005年にボカ・ジュニアーズに移籍。以降はスタメンとして絶対的なポジションを築き、多くのタイトル獲得に貢献。2006年の2006年前期リーグでは得点王に輝く。2006年10月、FCバルセロナが彼の優先交渉権を獲得したと報じられた。2008年後半は恥骨炎に苦しんだ。2009年3月、練習中にチームメイトのガストン・サウロとぶつかって意識を喪失し、救急車で運ばれる出来事があった。2009年7月、イタリアのジェノアへ移籍金700万ユーロで移籍した。代表ボカ・ジュニアーズでの活躍からアルゼンチン代表にも招集されるようになり、2006年ドイツW杯のアルゼンチン代表にも招集された。アルゼンチン代表での初ゴールは2008年6月15日の南米予選ベネズエラ戦。ホームでの敗戦が迫ったロスタイムに決めた劇的ゴールだった。プレースタイルアルゼンチン最速とも評されるドリブルと抜群のシュートセンスを持つ。ポジショニングも巧みでPA内での決定的な働きをする事が多い。そのせいか典型的なストライカーと言われていたこともあったが、実際はそうではなく左右に流れるプレーも得意である。人物トレードマークである右後頭部の三つ編みはウラカン・デ・トレス・アローショス時代に長髪だった頃の名残であり、髪を切る際に一部分のみ残して試合に臨んだところゴールが決まるようになったためゲンを担いでそのまま伸ばして続けている。ギジェルモ・バロスケロットを崇拝し、シュートセンスは彼から盗んだものだという。父親も元プロサッカー選手であり、ポジションはストライカーであった。タイトルボカアルゼンチン・プリメーラ・ディビシオン前期リーグ - 優勝(2005年、2008年)後期リーグ - 優勝(2006年)コパ・リベルタドーレス - 優勝(2007年)コパ・スダメリカーナ - 優勝(2005年)レコパ・スダメリカーナ - 優勝(

鳩山内閣閣僚は小沢氏を擁護、検察・マスコミ批判、開き直りも(産経新聞)
舛添氏、真意はどこに 政局発言…党残留?新党結成?(産経新聞)
NYタイムズ「命に関わる問題軽視」 トヨタ、米メディアから「大逆風」(J-CASTニュース)
【Web】SNSユーザー狙うスパムメール急増(産経新聞)
北沢防衛相が平野長官に検討委での検討を急ぐよう要請 普天間飛行場移設問題で(産経新聞)
[PR]

by qli2zpdr2a | 2010-03-02 01:10


<< <津波警報>レベルダウン迅速化...      <警察庁>美容外科から情報提供... >>