2010年 02月 28日

<警察庁>美容外科から情報提供協定…整形逃亡事件受け(毎日新聞)

 警察庁は、整形手術を行う美容外科に指名手配容疑者の顔写真などを配り、情報提供を受ける協定を業界団体との間で締結した。3月1日から運用を始める。英国人女性のリンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)殺害・死体遺棄事件で、逮捕・起訴された市橋達也被告(31)が顔を整形して逃亡していたことがきっかけ。

 締結先は社団法人「日本美容医療協会」(内沼栄樹理事長、会員507人)とNPO法人「日本美容外科医師会」(高木千枝子理事、同514人)。

【関連ニュース】
大麻事件:摘発、過去最多…罪悪感が希薄化か 警察庁
警察庁:国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化
人事:警察庁(15日)
人事:警察庁(15日)
コンビニ強盗:景気悪化影響か46%増 警察庁まとめ

宝塚ファンのアドレス、阪急電鉄が誤送信(読売新聞)
雑記帳 「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)
就職 不況に泣く18の春 高校内定率74.8%(毎日新聞)
<直木賞>選考委員、五木寛之さんが辞意(毎日新聞)
<鳥インフル>季節性と混合で強毒化する恐れ 東大など研究(毎日新聞)
[PR]

by qli2zpdr2a | 2010-02-28 03:00


<< ロドリゴ・パラシオ      <雑記帳>「餅上げ力奉納」で新... >>